明朝タイトル

月例競書について

◇競書とは

「競う書」と書いて「競書」です。

毎月、各部門の課題を書いて提出します。

各部門、段級ごとに審査し、良い作品から順番に並べます。

級位者の場合、○が付くと昇級です。(段の方は昇格試験を受けないと昇格しません)

◇部門について

一般部は全部で12部門あります。

1漢字規定部 2漢字臨書部 3漢字随意部 4漢字条幅部 (この4つは同じ段級です)

5細字部

6かな部 7かな臨書部 8かな条幅部(この3つは同じ段級です)

9ペン字部(専用の用紙をお使いください。1冊121円(税込))

10実用書部

11調和体部

12創作部

​玄粒誌購入の方は全部門出品できます。

​学生部は、毛筆部と硬筆部の2部門です。

硬筆部は専用の用紙をお使いください(1冊110円)

◇段級について

●一般部

新入 10級 9級 8級 7級 6級 5級 4級 3級 2級 1級

初段 二段 三段 四段 五段 六段 七段 準師範 師範 教範 成家

●学生部(中学生以下)

新入 10級 9級 8級 7級 6級 5級 4級 3級 2級 1級 特級

初段 二段 三段 四段 五段 六段 七段 八段 九段 十段

(十段になりましたら、一般部編入試験を受けられます)

◇出品方法

●一般部

 ・その月の最終ページの出品券に(〆切日が書いてありますのでご確認ください)

   ①支部名

   ②段級(最新号の段級)

   ③姓号(名)

  を記入してください。

 ・段の場合は「赤」で、級の場合は「黒」で記入してください。

​ ・段は漢数字(一、二、三)級は算用数字(1,2,3)で記入してください。

 ・のりしろ部分を作品の左下に貼ってください。

 ・出品券がはがれてしまった際の為に、作品にも鉛筆で支部名・段級・姓号をお書きください。

●学生部

 ・出品券に支部名をお書きの上、同じく左下に貼ってください。

 ・作品の脇に、鉛筆で支部名、段級をお書きください。

 ・低学年など、名前がひらがなで書いてある場合、漢字を記入してください。

 ・段は「漢数字」(一、二、三)、

  級は「算用数字」(1,2,3)でお書きください。

■封筒に「競書在中」とお書きの上、20日必着でお送りください。

作品は折っても構いません。

​※審査が20日の夜から始まりますので、必着でお願いします。遅れた場合は審査外となりますのでご注意ください。土日祝日が入る場合はお早めにお送りください。

 

​お問合せはこちら

​昇格試験について

昇格試験は、各部門とも年に2回ずつ行われます。

段位者は昇格試験を受験しないと昇格できません。(級位者も受験できます)

受験課題をお書きの上(玄粒誌に発表されます)、受験料を添えて提出してください。​​

◇漢字部・学生部毛筆部

 前期5月11日〆切・後期11月11日〆切

◇細字部・ペン字部・学生部硬筆部

 前期3月11日〆切・後期9月11日〆切

◇かな部・実用書部・調和体部

​ 前期1月11日〆切・後期7月11日〆切

お問合せはこちら

​昇格試験出品方法

■一般部

◆作品の左下に以下を記入し、出品券をすべての作品に糊付けしてください。

 「部門(師範試験・第一部・第二部・第三部・第四部・第五部)」

 「現段級」「支部名」「姓号(姓名)」「電話番号」「住所」

 「受験回数(その段級での回数)」

 

※出品券は、縦約14cm✕横約5cm のサイズで自作ください。

※住所と電話番号はいずれか一枚に記入してあれば構いません。

■学生部

◆作品に、「支部名」「学年」「段級」「漢字で名前」を書いてください。

 ※作品を受験者名簿と分けて審査しますので、作品にも記入してください。

 ※必ず「段」「級」までお書きください。

●支部長さんは、既定の受験者記入用紙に、受験者名、段級、部別、学年、受験料を記入し、

まとめて送ってください。

 足りない方、ない方は本部にご連絡ください。

●10名以上は1割引きとなります。

◎合格証について

 ◆個人会員

   ご自分の宛名を書いて切手を貼った返信用封筒を同封ください。

   その際、受験部別・現段級を記入してください。

 ◆支部・準支部

   受験者記入用紙に成績を記入の上、合格証と一緒に送ります。

お問合せはこちら

​TOPへ

0249462002

​FAX0249370113

日本、〒963-0111 福島県郡山市安積町荒井字年柄1-30

©2019 by 玄粒書道会. Proudly created with Wix.com